2017年04月20日

自分の車の売却を考えて

自分の車の売却を考えている際によくある一括査定サイトなどに登録すると、実車査定を勧める電話がひっきりなしにかかってきます。
対応する手間と時間を省きたいのでしたら、連絡手段として「メールのみ」が選べるサイトに最初から絞ることです。
非常識な買取店になると相手の都合も時間帯も完全に無視した電話をしつこくかけてくる例も実際にあることですし、初めから電話連絡お断りにしておけばメールをチェックするだけでいいので、誰にも迷惑をかけないですし、気分的にも楽になるでしょう。
個人所有の車を手放すにあたり選択できる手段は、カーディーラーに下取りに出す方法と、くるま屋への売却でしょう。
もし売却するつもりであれば多くの業者に見積り依頼を出すことで金額を競わせ、査定価格の底上げを図ることもできます。
その一方、下取りはというと、価格を比較する相手がいないので競争による高値引き上げのようなものは期待できません。
そのかわり購入と売却が同じ場所で出来るというのはラクです。
一概にどちらが良いかは言えません。
自動車を手放す手つづきをする際には、手つづきに必要となる書類の中に車庫証明は入っていません。
しかし、新しく自動車を購入した際には、ちゃんと車を保管する指定場所を届け、車庫証明書を取得しなければなりません。
車庫証明に関して言えば、購入店側で代行してくれる場合が多いでしょうが、個人で車庫証明を取得することも可能です。
初めてのことでしょうから面倒と言えばそれまでですが、手数料の節約になるため、自分で行っても良いでしょうね。
車庫証明の手つづきの際には、過去に所有していた自動車をどうしたか説明しなければいけないので、必要書類として自動車の売買契約書があります。
最近はいろんな一括見積り(査定)サイトがあり、おクルマ査定もそのひとつですが、複数の保険会社に一括して見積もりを依頼するサイトがあるのはご存知でしょうか。
生命保険などと違い、自動車保険は満期になろうと一銭も戻ってこない掛け捨ての保険ですから、同じサービスなら安い自動車保険へと切り替えた方が得であるのは明らかです。
おクルマ一括査定や生命保険一括見積りのサイトなどと考え方は同じで、原則としてユーザー側に利用料などが課金されることはなく、24時間いつでも複数の会社の保険内容や金額を掌握することができるので比較も容易です。


posted by 錯乱坊 at 03:41| 日記