2017年05月04日

トラックや営業車は別として

トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、普通、10000kmが目安と言われます。
業界でよく多走行車と呼ぶのは総走行キロ数が5万キロを超えた車のことで、業者が査定をする際もそこは減点対象にしますし、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうとゼロ円査定などという可能性もあります。
その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。
走行距離数が年式の割に極端に短いと、却ってパーツが劣化して故障寸前になっていることが多く、敬遠されることがあります。
所有する車の相場がしりたいなどの理由で、車の査定に出すときに必要になってくるのは車検証だけですが、売るときには複数の書類を用意しなければなりません。
普通自動車を売却するときには車検証のほかに実印および印鑑証明書、自賠責保険証やリサイクル券、納税証明書を用意することになります。
仮に納税証明書をなくしてしまった場合には、一般的な普通自動車と軽自動車の場合では再発行してくれるところが違ってきます。
売ろうとしている車が普通自動車だったら都道府県の税事務所ですし、軽自動車の場合には役所の窓口に行って再発行を依頼するようにして下さい。
愛(時には偽善だったり、押し付けだったり、自己都合だったりすることもあるでしょう)車を売却する場合に、キレイに掃除をしてから査定に持って行くことは重要です。
この訳は2つです。
一個目は、査定士に「このオーナーは車を丁寧にあつかう人だ」と好印象を持ってもらえるからです。
二番目としては、車内にこもっている嫌な臭いを少なくすることが出来るからです。
車内でタバコ(コロンブスがヨーロッパに伝えたそうです)を吸っていた人やペットを乗せたことがある人は、程度問題ですが大きなマイナスポイントです。
車内に残っている汚れが臭いの元凶ですから、車内の細かな箇所まで丁寧に掃除してあげることでほぼ嫌な臭いの感じないところまで軽くする事ができるでしょう。
ネット上には複数の専業店にくるまを一括査定できるホームページがあります。
そして、その中には、個人の名前などの情報をけい載せずに査定可能なホームページもあります。
見積もりの金額を教えてもらうために連絡先だけは教える必要があるのですが、個人情報はできるだけ開示したくない方は積極的に利用すると良いかもしれません。
また、連絡先すら秘密にしたままくるまの相場金額が分かるものとしては、メーカーのホームページ上で車種や年式などを入力することで、現時点でのだいたいの価格相場を掌握することができるでしょう。
参考価格が分かると言っても、ザックリしたものでしかありませんから、信頼性に欠ける面があるのは否めないでしょう。


posted by 錯乱坊 at 08:46| 日記

2017年04月20日

自分の車の売却を考えて

自分の車の売却を考えている際によくある一括査定サイトなどに登録すると、実車査定を勧める電話がひっきりなしにかかってきます。
対応する手間と時間を省きたいのでしたら、連絡手段として「メールのみ」が選べるサイトに最初から絞ることです。
非常識な買取店になると相手の都合も時間帯も完全に無視した電話をしつこくかけてくる例も実際にあることですし、初めから電話連絡お断りにしておけばメールをチェックするだけでいいので、誰にも迷惑をかけないですし、気分的にも楽になるでしょう。
個人所有の車を手放すにあたり選択できる手段は、カーディーラーに下取りに出す方法と、くるま屋への売却でしょう。
もし売却するつもりであれば多くの業者に見積り依頼を出すことで金額を競わせ、査定価格の底上げを図ることもできます。
その一方、下取りはというと、価格を比較する相手がいないので競争による高値引き上げのようなものは期待できません。
そのかわり購入と売却が同じ場所で出来るというのはラクです。
一概にどちらが良いかは言えません。
自動車を手放す手つづきをする際には、手つづきに必要となる書類の中に車庫証明は入っていません。
しかし、新しく自動車を購入した際には、ちゃんと車を保管する指定場所を届け、車庫証明書を取得しなければなりません。
車庫証明に関して言えば、購入店側で代行してくれる場合が多いでしょうが、個人で車庫証明を取得することも可能です。
初めてのことでしょうから面倒と言えばそれまでですが、手数料の節約になるため、自分で行っても良いでしょうね。
車庫証明の手つづきの際には、過去に所有していた自動車をどうしたか説明しなければいけないので、必要書類として自動車の売買契約書があります。
最近はいろんな一括見積り(査定)サイトがあり、おクルマ査定もそのひとつですが、複数の保険会社に一括して見積もりを依頼するサイトがあるのはご存知でしょうか。
生命保険などと違い、自動車保険は満期になろうと一銭も戻ってこない掛け捨ての保険ですから、同じサービスなら安い自動車保険へと切り替えた方が得であるのは明らかです。
おクルマ一括査定や生命保険一括見積りのサイトなどと考え方は同じで、原則としてユーザー側に利用料などが課金されることはなく、24時間いつでも複数の会社の保険内容や金額を掌握することができるので比較も容易です。


posted by 錯乱坊 at 03:41| 日記

2017年04月07日

車の走行距離にも目安があり

車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車はおクルマ業界では減点査定の対象となるんです。
基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となるんです。
そして総走行距離が10万キロ以上だと過走行車というあつかいで、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。
とは言うものの全くの無価値だとか売れないといったことではないので安心してちょうだい。
おクルマ買取店の中には過走行車をメインにあつかう業者というのもありますので、そこに査定を頼むと使えるパーツ単位で計算して相応の値段をつけて引き取ってくれます。
新車購入時に今まで乗ってきた車の方はディーラーに下取りに出す人は多いのではないでしょうか。
車でディーラーに行けば購入の商談中に下取り査定も済んでしまいますから、おクルマ屋に売る面倒も省けて単純に考えても手間は半減しますし、気楽という点ではこれ以上の方法はありません。
けれども、ディーラー下取りとくるま屋の買取を金銭的な損得で比較すると、一般に下取りのほうが安価になるという事実がある事は忘れてはいけないのです。
同じ処分するのでも安いと高いでは気分も違います。
高額査定を期待するのでしたら下取りには出さずに買取業者に査定を依頼しましょう。
おクルマを査定に出す場合、タイヤの溝の減り具合も査定項目にふくまれているので、溝の残りが少なければ当然マイナスに査定されることになります。
沿うは言っても、売却が決まったときに新品のタイヤに履き替えても購入費用以上に査定額がアップすることはないでしょうから、新しくタイヤを変える必要性は皆無ですね。
でも、履いているタイヤがスタッドレスならば、実査定を受ける前にスタッドレスではなくてノーマルタイヤに戻した方が良いでしょう。
スタッドレスタイヤを履いていても、季節や地域限定でしか売れないため、査定時に減点されてしまう可能性が高くなります。
どの程度残っているかにより事情は違いますが、自動車車検によって査定額が変わることがあるのです。
勿論、車検が切れてしまっている車より車検が残っている方が有利です。
有利とは言っても、車検の残り期間が1年以上なければそれほど見積金額に上乗せされることはないでしょう。
車検切れが間近だと見積もりが下がるからと言って、車検を通してから車の売却を考えるのはあまり適切ではありません。
車検にかかる総費用と車検を通したことによってアップする査定額とでは、車検を通すために必要な金額の方が断然高くなる事が多いのがそのワケです。


posted by 錯乱坊 at 05:36| 日記